マンスリーマンションの疑問を解消!その2清掃編

2017/05/15

前回は、マンスリーマンションに入居する際の不安点として挙げられる、初期費用についてお話しさせていただきました。さて今回は、入居中や退去する際の清掃の仕方、その費用についてお話をさせていただきます。

短期の契約とあって、通常のマンション契約とは違う点が多いのではないか、と不安に思われる方も、ぜひこの記事を参考にして、不安を解消してください!

■入居中の掃除は…?

マンスリーマンションの場合、入居中の清掃は自分の手で行う必要があります。これは、ホテルと違い、マイルーム感覚で使うという点でやらなくてはならない作業です。

しかし裏を返せば、これは部屋に誰かが入る心配をせずにすむということではないでしょうか。掃除用具なども備え付けの場合が多いですし、自分の好きな時に、好きな方法で部屋を綺麗にすることが出来ますね。

■退去時の清掃費は…?

では退去時に清掃にかかる費用は、どのように決められるのでしょうか。これは物件によりますが、多くの場合はトラブルを防ぐために入居の際に“基本清掃費”として定められている額を払うことが多いです。つまり、退去時の際に「いくらくらい清掃費がかかるのだろう?」と不安にならずにすむということですね。

いかがでしたでしょうか。マンスリーマンションにおける清掃の基本事項をご理解いただけたら幸いです。ぜひこれを参考に、マンスリーマンションへの入居を検討してみてください!

続きはこちら

マンスリーマンションの疑問を解消!その1初期費用編

2017/05/01

こんにちは。皆さんの中で、「マンスリーマンションを検討しているが、どのくらいの費用が掛かるかはっきり分からない。」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?今回はそのような方に向けまして、特に初期費用にフォーカスしてお話をさせていただきたいと思います。

これを読めば、マンスリーマンションにかかる初期費用がはっきりと理解できるはずです!

■初期費用の内訳

マンスリーマンションを契約する際、必要な初期費用として挙げられるのは、賃料・光熱費・管理費・契約手数料・清掃費などです。光熱費や退去時に必要な清掃費が、固定額で契約時に請求されるのが特徴と言えるでしょうか。

この料金体系は、「入居中にいくら使っただろうか?」という不安を覚えずにすむ、ということが大きなメリットですね。

■通常の賃貸と異なる点

このマンスリーマンションで、通常の賃貸と異なるのは、多くの物件が、敷金礼金ゼロかつ、基本家電を設備しているということです。このオプションも、初期費用の大幅な削減につながるという意味で、マンスリーマンションの大きなメリットでしょう。

いかがでしたでしょうか。マンスリーマンションにおける初期費用の概要とメリットについて、ご理解いただけたら幸いです。みなさんも、この記事を参考にマンスリーマンションの契約を検討してみてください!

続きはこちら

どっちがいい?引越しの方法

2017/04/15

引越しをする時には業者に依頼するか、
自ら行うかで迷ってしまう事もあるのではないでしょうか。

 

そういった時にはそれぞれのメリットを比較し、
希望に合ったものをチョイスすると良いでしょう。

まず引越し業者に依頼する場合、楽に引越しを完了させる事ができます。

 

荷造りから搬出搬入まで一括して行ってもらう事もできますので、
手間を掛けずに済ませたい時に打って付けです。

 

車の手配も行う必要がありませんので、
もし車が無いという時でも安心ですね。

 

大切な荷物もしっかりと保護して運んでくれますので、
荷物を傷付けたり壊したりせずに済むのも利点でしょう。

一方の自分で行う場合のメリットとしては、やはり費用が掛からない事です。

 

自ら作業を行う場合、殆ど費用を掛けずに済ませる事ができますので、
費用の負担を少しでも抑えたい時にピッタリですね。

 

他にもマイペースで作業を行う事ができますので、
合間を見付けて少しずつ荷物を移動する事ができます。

続きはこちら

入居審査の基礎知識

2017/04/01

まず、入居を希望する賃貸物件が決まったら、申し込みを行ったのちに不動産会社もしくはオーナーによって入居審査が行われるということを、基礎知識として知っておきましょう。

 

入居審査というのは、家賃の支払い能力があるか、また集合住宅の場合には周囲の人に迷惑をかけるような人柄ではないかなどが判断されます。

 

収入に関しては、家賃の3倍以上の年収を必要とするのが一般的です。また、勤続年数や在籍確認のために会社に連絡をする場合もありますから、虚偽の申告は辞めましょう。

万が一、虚偽の申告がなされた場合は、その時点で申し込みは無効になってしまいます。

 

生活保護を受けている人や外国籍の人が、必ずしも入居審査に落ちてしまうというわけではありません。一般の人よりは入居審査は難しくはなりますが、家賃を支払っていけるだけの貯金を持っていたり、連帯保証人がいれば入居がOKになる場合もありますので、すぐに諦めずに相談してみると良いでしょう。

続きはこちら

敷金・礼金って?今更聞けない基礎知識

2017/03/15

賃貸探しを始めて行う場合、色々な用語が登場してきますが、
慣れていないと戸惑ってしまうものですよね。

 

かといって、今更不動産屋に説明を求めるのも気が引けてしまう…
そんな方のために、まずは二つの用語を説明いたします!

 

お部屋探しの度にほぼ100%目にする言葉として
「敷金」「礼金」があります。

 

「敷金」というのは賃貸契約時に支払う費用の一つであり、
家賃を滞納してしまった時の保証としての役割や、
退去する際にお部屋を修繕する為の
費用に充てられるお金です。

 

家賃滞納がなかったり、特に修繕する箇所も無い
という時には退去する際に返金してもらう事ができます。

 

だから賃貸を利用されている方の多くは
お部屋を綺麗に使おうと注意しているのですね。

 

そして「礼金」とは、「お部屋を貸してくれてありがとう」
という意味合いの費用であり、
大家もしくは不動産会社に渡る費用です。

 

敷金とともに​契約時に必要になる事があります。
しかしこちらは敷金と違って返金はされません。

 

 

「敷金・礼金0!」などといった宣伝も含めて
この二つの用語はお部屋探しの際によく登場しますので、
基礎知識として覚えておくと役立ちますよ!

続きはこちら

引っ越しとマンスリーマンションどちらがお得なの?

2017/03/01

仕事の都合などで、とても自宅から通えない距離のところに住まなければならなくなった時には、引っ越しをするしかないと思いがちですが、マンスリーマンションを借りるという手もあります。

 

ここで問題となるのが、引っ越しとマンスリーマンションはどちらがお得かということですが、生活する際には最低限必要な物というのがありますから、引っ越しの場合には色々な物を運ばなければなりません。

 

しかし、マンスリーマンションにはさまざまな家具・家電が備わっているため、運び込む物をかなり少なくすることが可能になるのです。
引っ越し業者に頼むと結構な費用がかかりますから、これは大事なポイントだと言えるでしょう。

 

ただし、自分が家で使っていたお気に入りの物ではないため、使い勝手が悪いと感じたりすることもあります。

 

なお、普通の賃貸物件に引っ越しをして住む場合には、保証人が必要になるものですが、マンスリーマンションの場合、保証人は不要です。
こういった点も、マンスリーマンションの良いところだと言えるでしょう。

続きはこちら

短期出張、マンスリーマンションを利用してみてはいかがですか?

2017/02/15

短期出張に行くことになり、それが1日・2日程度であれば、ホテルを利用すれば十分効率が良いものですが、短期出張ながら、もう少し期間の長いものだと、ずっとホテルを利用するのは効率が悪くなってしまうことがあるものです。

 

期間が長くなると、洗濯や自炊が普段の生活のようにできた方が、ストレスなく暮らせるという人もいるでしょう。
そこで役に立つのがマンスリーマンションです。

 

マンスリーマンションであれば、ホテルと同じようにベッドやエアコンがあることに加え、部屋の中に洗濯機があったり、炊飯器や電子レンジがあったりもしますから、普段の生活と同じように過ごすことができるようになります。

 

なお、マンスリーマンションは、駅から近いところにある物件も多いですし、スーパーなどのお店が近くにある物件もありますから、かなり暮らしやすいと感じることができる場合もあるでしょう。

 

ちなみに、通常の賃貸マンションを利用するという手もありますが、敷金や礼金が必要になったり、引っ越し作業が必要になったりしますから、そういった必要がないマンスリーマンションの方が便利だとも言えます。

続きはこちら

入居審査が通らないことってあるの?

2017/02/01

賃貸マンションでは、入居審査が必ずあります。
入居審査について考えるときは、大家さんの立場に立ってみるのがわかりやすいです。

 

大家さんにとって心配なのは、入居している人が家賃の滞納をしないかということです。

家賃をきちんと支払ってくれていても、ご近所トラブルなどを起こされたら困りますので、人物面も見られます。

 

一方、マンスリーマンションでは、審査がないこともあります。
なぜなら、マンスリーマンションでは家賃を前払いしてもらうので、家賃の滞納の心配をする必要がないからです。

 

しかし、家賃を前払いしてもらっていても、設備を壊されたりすると、損害賠償などの問題も生じてきます。

マンスリーマンションでも、きちんと審査をして、保証人をつけることを求められることがあります。

 

連帯保証人を用意できない場合には、保証会社をつけることを求められますが、保証会社でブラックになっている人は、審査に通らないことがあります。

 

例えば、過去にクレジットカードの延滞で金融事故を起こしている場合などです。

その場合には、信用がないために保証会社の審査に通らず、マンスリーマンションを借りられないということになってしまいます。

続きはこちら

急な転勤!そんな方にオススメです

2017/01/15

マンスリーマンションというのは、存在は知っていても、どういったシチュエーションで活用すると良いのかが、いまいちよくわからないという人もいるでしょう。

 

活用するのに向いているシチュエーションは色々とありますが、その中の一つが、急な転勤時に住まいとして活用するという方法です。

 

マンスリーマンションは入居までの流れがスムーズで、即日入居することもできますので、急な転勤時であっても、即座に対応することができるのです。

 

一般的な流れとしては、気に入ったマンスリーマンションがあったら空室状況の確認をして、空室であることがわかったら、送られてくる契約書類に記入などをしていくことになります。

 

契約書の返信は、FAXやメールでできますから、郵送の手間が省けて便利なものです。

あとは、請求書の金額を銀行振込などで期日までに支払えば、鍵のことについての連絡がきますから、鍵を受け取って入居することになります。

 

なお、マンスリーマンションは家具や家電がもともと部屋についているため、わざわざ自分で運び入れる必要がありません。
ですから、急な転勤の時でもスムーズに住み始めることができるのです。

続きはこちら

賃貸とどちらの方がお得なの?

2017/01/01

賃貸とマンスリーマンションですが、どちらの方がお得なのかは使い方によっても変わってきます。

 

単純に家賃の面だけで見れば、賃貸のほうが安い傾向にあるのでこちらのほうが有利ということになるのですが、初期費用を考慮すると生活する期間によっては必ずしもお得になるとは限らないので両方の特徴を理解して選ぶのが秘訣となります。

 

マンスリーマンションというのは短期間からも借りることができ、敷金や礼金などの手数料が発生しないケースが大半です。

 

そのため、初期費用の負担というのはかなり小さなものとなっていますから短期間での借入の場合には多少家賃が割高になっても得ということになります。

 

短期間から利用をすることができるというのも大きな利点であり、短い期間であればそもそも賃貸は借りづらいので必然的にマンスリーマンションを選ぶことになります。

 

一年程度であっても敷金や礼金などの差を考慮すると、家賃が割高であってもマンスリーマンションが有利となります。

 

しかし、長く暮らすことが前提であれば家賃の差というのは大きくなってきますので、損益分岐点をはっきりさせてどちらか選んでみると良いでしょう。

続きはこちら

長期旅行の時でも利用できます。

2016/12/15

マンスリーマンションは普通に生活をするだけでなく、長期旅行などの時にも便利に使うことができます。

一ヶ月から二ヶ月程度の旅行をする場合、ホテルに宿泊するのは疲れてしまいますし費用も割高になってしまうものです。

 

数日程度の滞在であれば身の回りのことを全てしてくれるホテルというのは便利なものですが、ある程度期間が長くなるとプライバシーを干渉されてしまい逆に生活をしづらくなってしまうという欠点があります。

 

しかし、マンスリーマンションの場合には身の回りのことは全て自ら行わなければなりませんが、プライバシーを干渉されることなく普段通りの生活をすることができ、費用もホテルに宿泊するよりもずっと安上がりで済むので経済的です。

 

旅行先であっても拠点となる住まいがあればくつろぐことができますし、旅行を更に楽しむことができます。

 

マンスリーマンションだからといって必ずしも月単位での契約とは限らず、決まった日数以上滞在する場合にはそれ以降一日単位で利用をすることができるという物件も少なくありませんから自由にご利用できます。

続きはこちら

ペットも一緒に住めるの?

2016/12/01

ペットを飼っている方にとって、マンスリーマンションでもペットと一緒に住めるのかというのは気になるところでしょう。

 

 

結論から言うと、マンスリーマンションでペットと一緒に住むことができるかどうかというのは、物件によって異なるのでペット可の物件であれば一緒に住むことができます。

 

 

そのため一律に一緒に住むことができる、あるいはできないといったことはないのでペットを飼っている人はペットを受け入れてくれる物件がないかを探してみると良いでしょう。

 

 

注意が必要なのは、ペット可となっていても、どのようなペットでも問題ないのかというとそのようなことはなく、ハムスター程度の小動物を想定しているケースが有り、大型の犬などは禁止されているということもあるので、必ず確認を取ることが大切です。

 

 

マンスリーマンションを利用しようと考えているということは、それほど長期間住むことを想定していない状況ですから、このような場合ペットホテルとどちらにしようか迷ってしまうケースは少なくないでしょう。

 

 

費用の面でいえば断然ペット可のマンスリーマンションの方が安いでしょうし、ペットに対する負担を考えても見知らぬ場所で見知らぬ人に世話をされるよりも飼い主のそばにいることができる方が安心でしょう。
ですので、ペットがいる人はよく探してみることで一緒に住める物件を見つけることができるのです。

続きはこちら

家具家電レンタルサービスってなに?

2016/11/15

マンスリーマンションを利用する人にとって便利なサービスがあります。
それは、家具家電レンタルサービスです。

 

 

このサービスでは、マンションに住む期間だけ、家具家電をレンタルすることができます。
マンスリーマンションを利用する人は、仕事での出張や学校での実習など、決められた一定の期間だけ利用するがほとんどです。

 

 

マンスリーマンションではそのマンションに、ずっと住むわけではありませんよね。
また、本来の家があるため、その間にかかる費用は、なるべく安くしたいと考えている人がほとんどです。

一般的に、家具や家電は、非常に高価なものであり、購入すると大金を払わなければなりませんので、購入する側にとっては大きな負担となります。

 

 

しかし、レンタルサービスなら、購入するよりも遥かに安く利用することができるのです。
レンタルのため、借りるときはサービス元に連絡するだけで、そのマンションに届けてくれます。
また、返却する時も、連絡のみで退去時に受け取りに来てくれます。

生活に必要な家具家電を簡単に借りるたり返すことができるため、非常に便利でお得なサービスなのです。

続きはこちら

マンスリーマンションてどんな設備があるの?

2016/11/01

マンスリーマンションにはどのような設備があるか知りたいという人も多いことでしょう。
多くの物件はそのまま生活をすることができることを売りにしているので、日常生活に必要な物はなんでも揃っているというのが基本です。

DSCN9391

 

家具であればデスクセットや姿見にクローゼットといった物がありますし、食器を収納しておく場所もしっかり確保されています。

寝具に関しても、ベッドだけでなく布団も揃っているため別途用意をする必要はありません。

 

 

家電製品に関しては冷蔵庫に電子レンジ、炊飯器に電気ポット、洗濯機にエアコンまで、なんでも揃っているのでなにか特別に家電を用意しなくてもそのまますぐに日常生活を送ることができます。

物件によっては台所用品も充実していて、最低限の鍋やフライパン、包丁といったものまで用意されてるところもあるので、調理用品を揃えることなく入居したその日から食事を作ることもできるようになっています。

 

 

それ以外の設備としてはオートロックが備わっていたり、モニター付きのドアホンなどもあるのでセキュリティもばっちりです。

続きはこちら

マンスリーマンションを選ぶときの重要なこと

2016/10/15

マンスリーマンションを選ぶときに大事なこととして、立地条件があります。

これはマンスリーマンションに限った話ではありませんが、一般の賃貸よりも立地条件を選ぶことができるという利点があるわけですからそれを利用しない手はありません。

 

 

一般的な賃貸を利用する場合には、長く住み続けることになるので立地条件だけを考えて部屋を借りるということは難しいものです。

そのため、家賃と立地のバランスを取りながらある程度妥協することになりますが、マンスリーマンションの場合には家賃の差がでるほどに長期間済むものではありません。
ですので多少家賃が高くても一番便利だと思える場所に部屋を借りたほうが快適に暮らせるケースが多いのです。

IMG_0379

 

もちろんある程度家賃と立地のバランスを考える必要はありますが、そこまで大きな差がない場合には家賃を考えず選ぶことができるというのがマンスリーマンションの利点となります。

僅かな出費を惜しんで不便なところで生活を続けるというのは、マンスリーマンションの利便性の高さを失わせるだけになってしまうので立地条件を重視して選ぶのも悪くないでしょう。

続きはこちら

準備しておいた方がいい物とは

2016/10/01

マンスリーマンションは通常、家具や家電は揃っているのですぐに日常生活を始めることができますが、予め準備しておいたほうが良い日用品もあります。

P1010324

 

まず、必ず準備しておいたほうが良いものは、トイレットペーパーやティッシュ、ゴミ袋などの消耗品です。

トイレットペーパーなどは、1つは準備されている可能性もありますが、必ず必要なものなので用意しておきましょう。

 

 

シャンプーや石鹸などのバス用品や歯ブラシ、歯磨き粉なども用意しておいたほうがよいでしょう。

最近は、旅行用にコンパクトなサイズのものも販売されているので、滞在がそれほど長くならないときは、コンパクトなサイズのものを選ぶのも良いかもしれません。

 

 

食器洗い用のスポンジや洗剤、布巾、簡単な調理をしようと思っているならば鍋や食器なども必要になります。

手軽に利用することができるホットプレートなどもよいでしょう。

 

 

また、掃除機は準備されている場合が多いのですが、お風呂やトイレ用の掃除用具はない場合があるので、簡単な掃除用具も準備しておいたほうが安心です。

必要なものは事前にリストアップして揃えておきましょう。

続きはこちら

マンスリーマンションを利用するときの注意点

2016/09/15

マンスリーマンションを利用する場合の注意点として、どの程度の期間利用をするのかということをはっきりさせマンスリーマンションを選ぶ意味があるのかどうかを考える必要があります。

photo

 

数日程度の入居であればホテルなどを利用したほうが簡単で便利で安上がりですし、何年も住み続けるのであれば一般の賃貸を利用したほうがお得です。

 

 

マンスリーマンションというのは、利用の仕方によっては非常に便利なものとなっていますが、必ずしも常にお得というわけではなく特に滞在する期間によって得かどうかというのは大きく変わってくるものとなります。
ですので、どのぐらいの期間生活をするのかということをまず最初にはっきりさせる必要があるのです。

 

DSCN7262

マンスリーマンションという名前からもわかるように、月単位での利用であれば他の方法と比較をしてもかなりお得な物件となっているのが特徴です。
借りる期間が短すぎないかあるいは長すぎないかということをまず最初に考えておくようにしましょう。

 

 

短期間であればホテルやウィークリーマンション、長期であれば一般賃貸その中間であればマンスリーマンションと使い分けをすることが鍵となります。

続きはこちら

荷造りを素早く済ませるコツ

2016/09/01

荷造りを上手に素早く済ませる為のコツとして、普段使用しないものは早めに荷造りを進めていくことが挙げられます。
特にオフシーズンの物は出番がしばらくは来ないはずですから荷造りをしてしまっても問題はないはずです。
そういった物からどんどん片付けていくことで勢いも付きますし、段階的に整理していくことができます。

奥の部屋から荷づくりを進めていくのもまたひとつのコツです。
手前の部屋からやってしまうと梱包をした段ボールなどが邪魔になってしまいます。
奥の方から順番にキレイにした方がスムーズに運搬もできるはずですから、片付ける順番を踏まえながら行動すると良いでしょう。

また、物を詰めすぎないように気を付けることも大切です。
荷造りのときは、段ボールの数をできるだけ少なくしようと一杯に詰めてしまいたくなるものですが、詰めすぎてしまうと重くなって運びにくくなりますし、さらには重さで段ボールの底が抜けてしまう恐れもあるので注意しましょう。

なお、重いものは小さな段ボールに入れるのを基本としましょう。
そして逆に軽いものは大きめの段ボールに入れましょう。
そうすることで運びやすさもアップするはずです。

続きはこちら

駅チカのメリット・デメリット

2016/08/15

駅チカのメリットはなんといっても利便性の高さであり、交通手段が豊富で通勤などが楽だということやスーパーや量販店などが豊富にあるので買物をする場所に困らないというものがあります。

通勤や通学に電車を使うという人は多いですから、電車にすぐ乗ることができるというのは便利なであり、乗らない人であっても駅の近くは商業施設などが発展しやすいので買物などの面での利便性はとても高くなることが多いのです。

しかし、このような駅チカもメリットばかりではなくデメリットもあります。
電車にすぐ乗れるのは良いのですが電車の音で夜遅くまで騒音が響くことになるので電車が近くを走るというのはメリットだけでなくデメリットにもなってしまうのです。

繁華街の近くは夜遅くまで外が明るいので、街の灯りが気になってしまうということもあるでしょう。また、薄いカーテンだと夜でも外から光が差し込んで睡眠に支障がでるということもあるかもしれません。

駅チカというのは人気がある分、値段の高い物件が多くなってしまっているので、経済的な面でも駅から遠い場所と比べて不利になってしまいます。

続きはこちら

自炊しない人でも必要なもの

2016/08/01

引っ越しを考えているけれど積極的に自炊を考えていない場合、どんなものを持っていくと良いのでしょうか。

自炊をしなくても生活するために必要なものは出てきます。

例えば水を飲んだり惣菜など出来合いのものを食べるときなど、コップや食器類は自炊をしなくても必要に感じるでしょう。

よって、食事をする際に必要なものは最小限持っていくようにしましょう。

またライフスタイルによっても必要な持ち物は変わってきます。

パソコンや携帯を多く使用される場合は延長コードやテーブルタップなどを予め用意しておくと、引っ越しした当日に使えて便利です。

その日から使う必要があるものは事前に準備しておきましょう。

消耗品などもあらかじめ用意していくと高い買い物をせずに済むでしょう。

最初から多く揃えておく必要はありませんが、落ち着くまでの一週間ほどは出来る限り生活に困らないくらいの準備は予めしておきたいものです。

その後、必要に応じて少しずつ家具や家電、小物などを増やしていくと時間とお金を無駄にすることなく効率的ですよ。

お引越しをするときはぜひ上記のことを参考にしてみてくださいね。

続きはこちら

マンスリーマンションはいつから存在するの

2016/07/15

現在では広く普及していて、どこにでも存在しているマンスリーマンションですが、その存在は1970年代後半からありました。

それ以前は短期雇用の労働者向けに限られていたのですが、高度経済成長期を迎えて、大企業が社員寮などを作るようになると、徐々に利用率が下がっていきました。

そして一般向けに開放されるようになりました。

IMGP0906

ただ現在は高度経済成長期を終え、社員寮などを作る企業が減ってきました。

そのため、マンスリーマンションは社員研修に使われるなど、ビジネスマンにとって大変便利なものとして再び注目を集めています。

また、マンスリーマンションは、長期出張するビジネスマンだけでなく、旅行客にも人気になっています。

国内旅行をする日本人はもちろん、海外から日本に観光目的で訪れる外国人の長期滞在が増えており、マンスリーマンションのほうがホテルや旅館を利用するよりも費用が抑えられることが人気の理由になっています。

マンスリーマンションにはキッチンやトイレ、お風呂など生活に必要なものから家具、家電まで揃っているところが多いので、生活する上でとても便利な環境になっています。

続きはこちら

マンスリーマンションとホテルを比較!!

2016/07/01

出張等で特に滞在が長期に及ぶ場合、マンスリーマンションは自炊ができることがホテルと比べて大きなメリットになります。
外食が続いた時に、胃がもたれてしまう人は多いはず。
その点、マンスリーマンションは自炊がしやすいように必要最低限の道具が揃っています。
健康に気遣った出張生活が送れます。

 

また、マンスリーマンションは洗濯機が部屋にあって自由に使えます。
これも大きなメリットの一つです。

 

ホテルの場合、洗濯をする場合にはホテルにお願いするか、近くのコインランドリーを探すかどちらかになります。
マンスリーマンションの場合は、必要な時に必要なだけ、自分のペースで洗濯できるのは意外と便利なもの。
ホテルにお願いするよりも断然経済的なので、ちょっと洗いたい、という時にも気兼ねなく洗濯できます。

 

食事も洗濯も、毎日の生活にはなくてはならないもの。
いつもとはがらりと違う生活ではなく、普段の生活をそのまま延長できる設備のあるウィークリーマンションは、ホテルとは違った魅力があります。

続きはこちら

マンスリーマンションと一般賃貸の違い

2016/06/15

マンスリーマンションと一般賃貸では、大きな違いがあります。

DSCN6768

一般賃貸を借りる時には、保証人を見つけたり
職業や収入についての確認が行われますので、
利用したいときにすぐ利用することができません。

マンスリーマンションの場合には、
申し込んでからの手続きが簡単になっていますので、
面倒を感じずに借りることができるのです。

借りる時には、身分証明書や予約金などを用意しておくことで、
入居することができますので、
急いでいる方でも利用できるでしょう。

また、マンスリーマンションの場合、
生活に必要な用品も最低限備わっていますので、
引っ越しの際にかかる費用も安く抑えられるようになってきます。

住居として住むだけではなく、
出張や旅行の際に利用すれば、かかる費用も
安い状態になりますので、
気軽に行きたい場所へも行けるようになってくるでしょう。

当社でも、借りやすい物件を多く揃えていますので、
様々なシーンで利用してみてください。

 

続きはこちら

大阪のマンスリーマンション

2016/06/01

ホーム・アライブは、魅力的な街である大阪でマンスリー・ウィークリーマンションを手掛けている会社です。

西日本の都道府県の中では一番物件数も多く、
大阪・梅田心斎橋難波本町枚方樟葉新大阪守口四ツ橋福島などでの物件をお探の方はぜひご相談ください。

ビジネス街も繁華街も近いため、出張・観光など幅広い目的でご利用いただけます。

マンスリー・ウィークリーマンションは、
数か月、数週間単位でリーズナブルな価格で利用できる宿泊施設として、ビジネスなど幅広い需要があります。

室内には、ベッド、カーテン、テーブル、冷蔵庫、調理器具、食器類などが備えられていて、身の回りのものだけ持ってくればすぐ生活できるようになっているのでとても便利です。

また郵便を受け取ることも可能です。
契約に関しても賃貸住宅のように保証金・礼金や保証人を必要とせず、
身分証明書だけでシンプルでスピーディに契約できます。

またホテルなどど比べても1泊3000円から7000円という値段は
お手頃で長期になればなるほどお得となっています。

続きはこちら