敷金・礼金って?今更聞けない基礎知識

2017/03/15
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

賃貸探しを始めて行う場合、色々な用語が登場してきますが、
慣れていないと戸惑ってしまうものですよね。

 

かといって、今更不動産屋に説明を求めるのも気が引けてしまう…
そんな方のために、まずは二つの用語を説明いたします!

 

お部屋探しの度にほぼ100%目にする言葉として
「敷金」「礼金」があります。

 

「敷金」というのは賃貸契約時に支払う費用の一つであり、
家賃を滞納してしまった時の保証としての役割や、
退去する際にお部屋を修繕する為の
費用に充てられるお金です。

 

家賃滞納がなかったり、特に修繕する箇所も無い
という時には退去する際に返金してもらう事ができます。

 

だから賃貸を利用されている方の多くは
お部屋を綺麗に使おうと注意しているのですね。

 

そして「礼金」とは、「お部屋を貸してくれてありがとう」
という意味合いの費用であり、
大家もしくは不動産会社に渡る費用です。

 

敷金とともに​契約時に必要になる事があります。
しかしこちらは敷金と違って返金はされません。

 

 

「敷金・礼金0!」などといった宣伝も含めて
この二つの用語はお部屋探しの際によく登場しますので、
基礎知識として覚えておくと役立ちますよ!