マンスリーマンションの用途は?~多様化する利用方法

2017/11/30
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

時代の流れとともに身軽な生活様式を求める人が増え、月単位で賃貸物件に住むことが可能になったのがマンスリーマンションの始まりです。

マンスリーマンションは短期間住む人をターゲットとしているので、生活に必要な家具や家電が最初から備え付けられています。

入居したその日から快適に過ごせるのでホテルの利便性も兼ね備えています。
また、敷金や礼金が必要ありません。さらに退去する時期も自由に決められます。

そんな特長を持つマンスリーマンション、これまでは長期出張や単身赴任として利用されることがほとんどでした。
しかし、ここ数年でその用途は多様化しています。

・持ち家をリフォームする際の仮住まい
・受験シーズンの滞在先
・専門学校や大学へ通学
・趣味や個人事業による作業スペース

また最近では、世界各国からの観光客の急増に伴い国内のホテル予約が取りづらくなっていて、価格も高騰しています。価格が抑えられていてかつ快適な暮らしをすぐに始められるマンスリーマンションはホテルの受け皿としても申し分のない魅力を持っています。

2020年には東京オリンピックがあり、大阪では2025年の万博の誘致に向けた動きが出てきています。

今後さらに増えると見込まれる宿泊者の選択肢としてマンスリーマンションの役割は大きいものとなるでしょう。

一時的な滞在をご検討されているのでしたら、マンスリーマンションを候補のひとつとして検討されてはいかがでしょうか。